講師とレッスン内容

インフォメーション

東京の声楽教室での講師の選び方

東京の声楽教室では個人教室のように1つの教室にて1人の講師が声楽クラスを担当しているところもあれば、1つの教室にて複数の講師が声楽クラスを担当しているところもあります。そこで悩むのは講師選びです。歌の上達のためにはどんな講師を選べば良いのか、今回は東京の声楽教室における講師の選び方をご紹介します。
東京の声楽教室では女性のみならず男性の講師が声楽クラスを担当しています。中には男性の講師でもカウンターテナーと言う、女性と同じ音程で歌える講師もいます。自分と同じ声質の方に指導してもらった方が喉を潰さず、長く歌うことができるため、同性の講師を選ぶと良いでしょう。特に男性の方が声楽を習いたいという場合は男性の講師を選ぶと良いでしょう。
また、オペラアリアを歌いたい方は自分の声質をきちんと把握し、それに合った選曲をしてくれる講師を選ぶと良いでしょう。というのも声楽は声質に合った曲があり、声質が軽い人向けの曲から声質が重たい人向けの曲まで様々あります。自分に合わない声質の曲を選ぶことで喉を潰す可能性があり、最悪の場合歌えなくなる場合があります。自分の声質を見極めることができる講師を選ぶことで、長く歌うことが可能になります。

東京の声楽教室におけるレッスンの違いについて

東京の声楽教室は講師陣が外国に留学をした経験があり、それに基づいたレッスンを行います。よって講師によって歌い方や声の響かせ方、口の開け方が異なります。そこで今回は東京の声楽教室におけるレッスンの違いについてご紹介します。以下の違いを意識しながら東京での声楽の先生選びをすると良いでしょう。
東京の声楽教室において多いのがイタリア留学された先生によるレッスンです。イタリアに留学された先生のレッスンは歌を歌う際に、鼻やおでこなど、顔に声を響かせるよう指導したり、高音を出す際に口を逆三角形の形にして歌うよう指導する先生が多いのが特徴です。また、オペラアリアを歌う際にはしゃべるように歌うよう指導したり、力を抜いて歌う指導をすることもあります。これらはベルカント唱法と呼ばれることもあります。
東京の声楽教室の中には、ドイツに留学された先生が指導されるクラスもあります。ドイツに留学された先生のレッスンは、声に深みを持たせるよう指導したり、ホールあるいは部屋中に声を響かせるよう指導する先生が多いのが特徴です。また、ドイツリートなどはソプラノ・レッジェーロやメゾ・ソプラノ、バスなどの声質向けに書かれたこともあり、そのような声質の先生が指導する傾向があるのも特徴です。