優良教室と使われる教材知識

インフォメーション

東京の声楽教室で使われる教材について

東京の声楽教室はプロを目指す方から声楽初心者まで幅広い方が学ばれています。今回は東京の声楽教室で使われるレッスン教材をご紹介します。以下を参考に先生選びやレッスンで歌う曲選びの参考になれば幸いです。
東京の声楽教室で使用される教材は、ほとんどがコンコーネ50番です。コンコーネ50番はイタリア人作曲家コンコーネによる練習曲で、すべて歌詞が無いのが特徴です。練習曲としては美しい旋律の曲が多く、歌詞が無いことから多くの先生が採用しています。
東京の声楽教室ではイタリアに留学をされていた先生が多いこともあり、教材にイタリア歌曲集も用いられることが多いのが特徴です。流れとしてはまずはイタリア歌曲集1をさらい、その後は、学習者の声質によって変わり、イタリア歌曲集2に進んだり、トスティ歌曲集やベッリーニの歌曲集に進むこともあります。イタリア歌曲を学習する理由としては、学習者の声質を見極めることもありますが、イタリア語は発音がローマ字読みと同じで日本人にとっては歌いやすく、喉に負担をかけないからです。逆に発音の難しいフランス語やドイツ語の曲は発音に気を取られ、喉に負担がかかるため、あまり練習曲としては使用されない傾向があります。
それでもフランス語やドイツ語の曲を歌いたいという方はフランスやドイツ語に留学された先生のところで学ぶと良いでしょう。各言語の喉に負担をかけない歌い方を指導してくれます。

評判が良い教室をピックアップ

声楽とは声、つまり人の声による音楽のことで、つまり人の声を中心とした音楽である歌ということになります。
歌はいつの時代も人の心を揺さぶったり感動を与える力を持ち、人間一人の力だけで出すことが出来る魅力的な音楽と言えます。
その声楽を東京で学ぶ場合、どんな音楽学校を選べば良いのでしょうか?
まずは実際に通われた方の口コミがある音楽教室を選びましょう。
東京は日本の首都ということもあり、音楽教室も多数存在しています。
その中で評判が良い教室をいくつかピックアップしておき、その中から選ぶという方法がおすすめとなります。
また、出来ることなら受け持つ人数が少ない教室が望ましいでしょう。
東京で声楽を学びたいという方は多数存在しますから、その分多くの方を一度に習わせるという教室も存在するでしょう。
しかしそれでは細やかな対応が出来ないでしょうから、人数が少なければ少ない程丁寧に教えてくれる確率が高くなると言えます。
また柔軟な対応が出来る学校を選ぶという選択肢もあります。
例えば夜間でも授業を行っているような形態の音楽教室があれば、昼間に仕事をしていてもその足で通うことが出来ます。
上述した点をしっかりと考慮し、吟味して東京の声楽を学ぶ教室を選ぶようにしましょう。